宇津木妙子(ソフトボール)の名言や講演とは!現在の夫やカップ数が気になる!




皆さんこんにちは、Akiです。

アスガール!!を見ていただきありがとうございます^^

 

今回は、ソフトボール日本代表監督

宇津木妙子(うつぎたえこ)さんを

色々と調べさせて頂きました。

 

宇津木妙子さんの名言や講演とは!

現在の夫やカップ数が気になる!など

気になったので一緒に確認していきましょう。

 

Let’s start good game!!

スポンサーリンク

宇津木妙子さんの名言や講演とは!

宇津木妙子さんの名言や講演が

気になりましたので見ていきましょう!

 

宇津木妙子さんが監督時代に選手たちに檄を飛ばしていた

名言を下記にまとめてみました。

 

「何となく」は、世界を目指すチームには許されない。

人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくるのです。

自分を信じて自分のためにやんな。それがチームのためになるんだよ

 

私も野球をやっていたので、この名言は心に響きますね^^

選手たちも同じ心境だったのではないかと思います。

 

 

現在は後進の育成や競技の普及に尽力されている傍ら、

公演も実施されています。

詳細は下記URLより参照ください。

参考URL①:https://www.speakers.jp/speaker/utsugi-taeko/

参考URL②:https://s-rights.co.jp/member/utsugi-taeko

宇津木妙子さんの現在の夫

宇津木妙子さんの現在の夫が

気になりましたので見ていきましょう!

 

宇津木妙子さんのイメージというと

厳しさの中にも優しさがあるという感じですね。

選手たちにとっては厳しい練習なのでしょうが、

その練習があってからこそ実際に結果が

残せるようになったのも事実でしょう。

 

そんな宇津木妙子さんってソフトボールの

イメージは強烈にありますが、

私生活ってあまり見えてこないですよね!?

 

実際のところ宇津木妙子さんって

結婚されているのでしょうか?

私のイメージでは何となく独身なのかな?

という印象もあります。

 

気になったので調べてみました。

すると伏見幸男さんという方と

2002年に結婚されていました。

 

子供さんがいるかどうかは

公表されていませんでしたが、

49歳での結婚なので子供さんは

おられない可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

宇津木妙子さんのカップ数が気になる!

宇津木妙子さんのカップ数が

気になりましたので見ていきましょう!

 

「宇津木妙子 昔」の画像検索結果

 

「宇津木妙子 昔」の画像検索結果

出典:https://www.google.com/

 

監督時代の画像になりますが、

選手と同じトレーニングをされるほど

若々しい肉体なのでしょうね^^

 

トレーニングウェア姿が多いので

目視では確認できませんでした。

年齢以上に素晴らしいカップ数を

お持ちなのではないでしょうか。

宇津木妙子さんのwiki風プロフィール!

 

「宇津木妙子」の画像検索結果

出典:https://www.google.com/

名前 宇津木妙子
読み方 うつぎたえこ
生年月日 1953年4月6日
年齢(執筆時) 66歳
血液型 調査中
身長 158cm
体重 調査中
出身地 埼玉県比企郡中山村(現川島町)
所属 NPO法人ソフトボール・ドリーム
スポンサー
競技・種目 ソフトボール(選手・監督)
成績・記録 世界選手権 3位(1998年)

シドニーオリンピック 2位(2000年)

アテネオリンピック 3位(2004年)

 

宇津木妙子さんのプロフィール情報をまとめました。

 

埼玉県川島町立川島中学校1年時からソフトボールを始めます。

その後、三塁手として星野女子高等学校(埼玉県川越市)を経て

日本ソフトボールリーグ女子1部のユニチカ垂井に所属し、

1974年世界選手権に出場します。

 

1985年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経て

ソフトボールリーグの日立高崎の監督に就任します。

全日本総合選手権5回優勝や日本リーグ3回優勝を果たします。

宇津木妙子さんの現役引退後の経歴は、

1997年、女子ソフトボール日本代表監督に就任

1998年7月、世界選手権で銅メダルを獲得

2000年8月、シドニーオリンピックで銀メダル獲得

埼玉県が表彰を行っている彩の国功労賞受賞

 

なでしこジャパンの熊谷紗希さんも2010年に受賞されてます。

 

2004年8月、アテネオリンピック銅メダル獲得するも

同年9月限りで日本代表監督退任

2度目の彩の国功労賞受賞

2005年、国際ソフトボール連盟殿堂入りを果たし日本人で初の栄誉となります。

 

その後、宇津木麗華さんが現役を引退すると

日立高崎が改称したルネサス高崎の監督職を譲り、

自らは同チームの総監督に就任されます。

 

2008年8月、北京オリンピックでは

ジャパンコンソーシアムでのテレビ解説者として

女子ソフトボール日本代表が上野由岐子さんの413球

力投もあり金メダル獲得を目の当たりにします。

 

2010年4月、ルネサス高崎との契約切れを待って、

東京国際大学の特命教授及び同大学の女子ソフトボール部

の総監督に就任します

また、ルネサス高崎シニアアドバイザーにも就任します。

 

2011年6月、NPO法人ソフトボール・ドリームを設立し、理事長に就任

2014年5月、世界野球ソフトボール連盟の理事就任(任期は2021年まで)

 

引退後は日立高崎、そして日本代表の監督に就任されて

ソフトボールに大変貢献されてきました。

宇津木妙子さんをさらに深く!

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、ソフトボール日本代表監督

宇津木妙子(うつぎたえこ)さんを

色々と調べさせて頂きました。

 

中学1年からソフトボールを始め、

66歳となる現在も情熱を注ぐ宇津木妙子さん。

 

2020東京オリンピックで復活をしたソフトボール競技で

再び金メダル獲得を目指すと共に

後進の育成や競技の普及に尽力されています。

 

宇津木妙子さんの更なる今後の活躍に期待したいですね!

一緒に応援して盛り上げていきましょう^^

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください